【3月12日配信】画廊放浪記 #08|柳幸典×中尾浩治「Wandering Position 1988-2021」|CADAN Art Channel powered by MUUSEO

《ワンダリング・ポジション》「第4回リヨン・ビエンナーレ」、トニー・ガルニエ・ホール (スイス)、1997年 ©︎ Yukinori Yanagi, Courtesy of ANOMALY

CADAN Art Channelは、一般社団法人 日本現代美術商協会(CADAN)とミューゼオ株式会社による現代アートの番組です。

シリーズ「画廊放浪記」第8回は、2021年3月6日から4月3日までANOMALYで開催される柳幸典個展「Wandering Position 1988-2021」を訪問。作家の柳幸典さんとアート・コレクターの中尾浩治さんの対談を配信いたします。

>>イベントの詳細、お申し込みはこちら
*ご予約にはMUUSEO LIVEヘのログインが必要となります。

画廊放浪記 #08|柳幸典×中尾浩治「Wandering Position 1988-2021」

個展では一匹の蟻を放ちひたすら追いかけ、赤いチョークでその痕跡をたどる「ワンダリング・ポジション」シリーズより、数メートルに及ぶ大型の紙に描かれた今回の個展のための新作と1980 – 90年代にアメリカで制作された作品が展示されます。

今回の配信では、ギャラリーを歩きながら展示作品をご紹介していただきます。また、尾道近辺でスタジオを探していた柳さんに、中尾さんが物件を紹介したことが契機となり誕生した「ART BASE 百島」の展示作品についてお話をしていただく予定です。長年親交の深いお二人のギャラリー・トークをお楽しみください!


画廊放浪記 #08
柳幸典×中尾浩治「Wandering Position 1988-2021」@ANOMALY
配信日時:2021年3月12日(金)20:00-21:00
イベント開催方式:録画配信
参加費:無料
主催:日本現代美術商協会(CADAN)
企画協力:ANOMALY
運営:ミューゼオ株式会社


柳幸典 個展「Wandering Position 1988-2021」
会場:ANOMALY 東京都品川区東品川1-33-10 Terrada Art Complex 4F
会期:2021年3月6日 (土) – 4月3日 (土)
開廊時間: 火・水・木・土 12:00 – 18:00、金 12:00-20:00
*休廊:日・月・祝日


シリーズ「画廊放浪記」について

ギャラリーはアーティストのマーケットを開拓し美術史のなかに着地させる役割を担っています。その土台となるのは他でもない、展覧会です。情報が細切れになり、コンテキストの読み取りが難しくなっている昨今。展覧会についてギャラリストやアーティスト、キュレーターや批評家が話をすることの重要性は増してきています。シリーズ「画廊放浪記」は、CADANに加盟しているギャラリーに配信スタジオを設置。ギャラリストやアーティストが展覧会について、時にはゲストを招き語ります。

CADAN Art Channelとは?

CADAN Art Channelとは、一般社団法人 日本現代美術商協会(CADAN: Contemporary Art Dealers Association Nippon)とミューゼオ株式会社による現代アートの番組です。CADANには現在、若手から老舗まで国内47軒のコンテンポラリーアートギャラリーが加盟しています。世代間だけでなくキュレーター、コレクターという垣根も超え、現代アートを取り巻くプレイヤーの方々と「現代アートのいま」をオンラインで配信します。視聴者はその場で質問ができるなどのインタラクティブな仕組みも取り入れています。