渡邉庸平 「7-2-3-9-6-12」by HAGIWARA PROJECTS

会期:2024年7月16日(火) – 8月4日(日)
営業時間:火−金 11時−19時 / 土、日、祝 −17時
定休日:月
会場:CADAN有楽町 Space M
住所:東京都千代田区丸の内3-1-1国際ビル1階(MAP
企画:HAGIWARA PROJECTS

レセプション・パーティー:7月16日(火)17:00-19:00

渡邉は、写真、絵画、立体、さらにはパフォーマンスなど多様な表現手法を使って、世界の見方に関する問いを投げかけるアーティストです。彼の作品は、反射や透過、光や影といった現象や、絵の具の痕跡、吊るす行為など様々な要素を組み合わせ、断片的に配置することで、視覚的に物事をどのように整理し、推察するかを探ります。彼の作品のテーマは「視ることの切り分け」であり、そもそも世界の「切り分け」は主体的であり断片的で、時間に依存するものであることを示しつつも、その断片がそれぞれ新たな繋がりを持ちながら広がっていきます。ミニマルかつ詩的な表現を兼ね備えた作品は、巨人の視点から見るような推論に基づき、新たな関わりを生み出します。
渡邉の作品は視覚と認識の新しい可能性を探求し、わたしたちの見るという能動的な体験により、異なる視点や感覚が生まれ、私たちに多層的な知覚体験を提供します。

渡邉 庸平 Yohei Watanabe
1990 年福島県生まれ、東京都在住。東京藝術大学博士課程在籍。主な展覧会に、「Spoon」 HAGIWARA PROJECTS (2023, 東京)、「Labender Hair」 imlabor (2021, 東京)、「The Mug Blues」LAVENDER OPENER CHAIR (2020, 東京)、「Giant Chorus」( 個展) HAGIWARA PROJECTS (2019, 東京)、「 4 boxes and pyramids」 4649( 2018, 東京)、「 群青」 児玉画廊(2017, 東京)、 「 猫の肌理、雲が裏返る光」( 個展 ) KomagomeSOKO( 2017, 東京)、「 SPVI II」 Turner Gallery( 2015, 東京)、「 THE EXPOSED#9 passing pictures」 g/p Gallery 東雲( 2015, 東京)、「at work」 東京芸術大学 Yuga Gallery( 2013, 東京)など。