【意見表明】文化庁が決定した 「あいちトリエンナーレ2019」 への補助金不交付についての意見表明(会員有志)

当協会会員有志による「文化庁が決定した「あいちトリエンナーレ2019」への補助金不交付についての意見表明」を以下の通り公開いたします。


文部科学大臣 萩生田光一 殿
文化庁長官  宮田亮平 殿

文化庁が決定した「あいちトリエンナーレ2019」への補助金不交付についての意見表明

2019年9月26日、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の一部である企画展「表現の不自由展・その後」の中止、及びその再開に向けた挙動のなか、文化庁が同芸術祭全体に交付する予定だった補助金約7,800万円の不交付の方針を固めたとの発表がありました。

以下に署名する一般社団法人日本現代美術商協会の有志、賛同者は、この方針に対し撤回を強く要求いたします。

いったん支援を決定した助成対象に対し、「審査段階で具体的な計画、脅迫が続いたことの報告」がなかったこと、また「実現の可能性と事業の継続」が見込まれないことを理由に、その経緯や背景の検証を十分に行なわず、しかも事業なかばで補助金の不交付をこの機に決定することは、日本の文化助成のあり方を後退させる、「悪しき前例」になります。

特に今回の「あいちトリエンナーレ」は国際展であり、この動向は芸術の枠を越えて国際的に注視されています。今回の補助金不交付という締め付けは、そもそも文化庁が担うべき文化的役割から大きく逸脱する暴挙であり、広く文化に関わる者全てに圧力を与えるものと考えます。

我々は、この決定が日本の文化政策、公的助成制度の在り方を後退させるものとして、重ねて強く抗議し、撤回を求めます。

2019年9月30日

有志署名(35名)
小山登美夫(小山登美夫ギャラリー、一般社団法人日本現代美術商協会代表理事)
山本裕子(ANOMALY、一般社団法人日本現代美術商協会副代表理事)
青山秀樹(青山|目黒、一般社団法人日本現代美術商協会理事)
森裕一(MORI YU GALLERY、一般社団法人日本現代美術商協会理事)
山本豊津(東京画廊+BTAP、一般社団法人日本現代美術商協会理事)
ローゼン美沙子(MISAKO & ROSEN、一般社団法人日本現代美術商協会理事)
中尾浩治(一般社団法人日本現代美術商協会監事)
白石正美(SCAI THE BATHHOUSE、一般社団法人日本現代美術商協会顧問)
藤城里香(無人島プロダクション、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
蜷川敦子(Take Ninagawa、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
野村ヨシノリ(Gallery OUT of PLACE、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
浦野むつみ(ANOMALY、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
南塚真史(NANZUKA、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
井村優三(イムラアートギャラリー、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
辛美沙(MISA SHIN GALLERY、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
石井孝之(タカ・イシイギャラリー、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
COBRA(XYZ collective、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
結城加代子(KAYOKOYUKI、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
井上佳昭(Yoshiaki Inoue Gallery、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
菊竹寛(Yutaka Kikutake Gallery、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
鶴野ゆか(ユカ・ツルノ・ギャラリー、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
那須太郎(TARO NASU、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
石田克哉(MEM、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
上田剛史(TALION GALLERY、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
染谷卓郎(Takuro Someya Contemporary Art、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
大柄聡子(Satoko Oe Contemporary、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
芦川朋子(WAITINGROOM、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
立松武(STANDINGPINE、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
萩原ゆかり(HAGIWARA PROJECTS、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
松本綾子(nap gallery、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
佐谷周吾(シュウゴアーツ、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
ローゼン・ジェフリー(MISAKO & ROSEN、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
山木加奈子(ギャラリーヤマキファインアート、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
橋本かがり(ANOMALY、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
葛城薫(サンギョーム、一般社団法人日本現代美術商協会会員)
(順不同)

最終更新:2019/9/30 16:45

役員就任のご挨拶

この度当協会では、去る8月22日開催いたしました第4回定時総会におきまして役員任期満了に伴う改選を行いました。以下の新体制のもと協会の活動に精励努力致す所存です。引き続きのご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表理事:小山登美夫(小山登美夫ギャラリー)(再任)
副代表理事:山本裕子(ANOMALY)(新任)
理事:􏱹􏰻􏰠􏰗􏱺􏰊􏱸􏱻青山秀樹(青山|目黒)(新任)
理事:􏰼􏱞􏱺􏰊􏱸􏱻森裕一(MORI YU GALLERY)(新任)
理事:山本豊津(東京画廊)(再任)
理事:ローゼン美沙子(MISAKO & ROSEN)(再任)

監事:中尾浩治(合同会社アート・マネジメント・しまなみ代表)(再任)

顧問:白石正美(SCAI THE BATHHOUSE)(理事を退任、顧問に就任)

【公開イベントのご案内】2019年2月15日 シンポジウム「日本の美術館がどう機能していくか」

CADAN Public Event Vol.2
シンポジウム「日本の美術館がどう機能していくか」

美術館で民衆が美術品を鑑賞できるようになったのは、フランス革命以降です。今では世界の至る所でアートフェスティバルやアートフェアなどが開催され、アートに触れる機会が増えました。世界の美術館はその役割を考え直さざるをえなくなっています。まして文化立国を目指す我が国の国公立美術館の役割は重要で、プライマリーギャラリーの存亡にも関わることでもあります。この度、官民の有志が一緒になり考える場を設けますので、皆様のご参加を期待しています。

■日時
2019年2月15日(金)19:00~20:30(開場18:30)

■会場・アクセス
早稲田奉仕学園 スコットホール(東京都選定歴史的建造物)
〒169-8616 東京都新宿区西早稲田2-3-1
早稲田駅(東京メトロ東西線)より徒歩5分
西早稲田駅(東京メトロ副都心線)より徒歩8分
高田馬場駅(JR、西武新宿線)よりバスを利用し約10分

■登壇者:
・建畠 晢(埼玉県立近代美術館館長/草間彌生美術館館長/全国美術館会議会長/多摩美術大学学長)
・植松由佳(国立国際美術館 学芸課 主任研究員)
・藪前知子(東京都現代美術館 学芸員)
■進行:
山本豊津(CADAN副代表理事、東京画廊代表取締役社長)

■参加費
一般:¥1000
学生:¥500
賛助会員:無料
*参加費は当日会場にてお支払いください。
*当日、賛助会員(年会費10,000円)に入会された方も参加費無料になります。

■申込方法
Peatix からお申し込みください。
http://cadanevent02.peatix.com

主催:一般社団法人 日本現代美術商協会
www.cadan.org, event@cadan.org

【公開イベントご案内】2018年1月10日トークイベント「コンテンポラリー・アート・デイリーの創立者・フォレスト・オリーヴォ氏の夕べ」

CADAN Public Event Vol.1
An evening with Forrest Olivo, founder of Contemporary Art Daily, in Frank Lloyd Wright’s “Jiyu Gakuen Myonichikan”

■日時 Date
2018年1月10日(水)January 10, 2018, Wed.
19:00~20:30(開場/Open 18:30)

■会場 Venue
自由学園明日館 講堂 Jiyu Gakuen Myonichikan
http://www.jiyu.jp
東京都豊島区西池袋2-31-3
JR池袋駅メトロポリタン口より徒歩5分/JR目白駅より徒歩7分
※駐車場はございませんので、お車でのご来館はご遠慮ください。

Contemporary Art Daily は重要なアーティストや展覧会の情報に誰もがアクセスできるよう世界中から集められた展覧会情報から厳選したものをこれまで9年間にわたって毎日アップデートし続けています。現在、朝起きたら、Contemporary Art Dailyをチェックするというように、世界で日々最も閲覧されているアート情報ツールとなっています。
この度、一般社団法人日本現代美術商協会(CADAN)のパブリックイベントの第一弾として、「Contemporary Art Daily」と「Contemporary Art Quarterly」を運営する非営利団体コンテンポラリーアートグループの創立者、フォレスト・オリーヴォ氏をお招きしてトークイベントを開催します。会場は、1921年にフランク・ロイド・ライトの設計により建設された自由学園明日館の敷地内の講堂(遠藤新設計、1927年完成、重要文化財)です。
皆様のお越しをお待ちしています。

Forrest Olivo is the founder of Contemporary Art Group, the non-profit organization that publishes Contemporary Art Daily and Contemporary Art Quarterly. Contemporary Art Daily has published at least one current project every day for the last nine years, and has become an important part of the international art world’s daily routines. Contemporary Art Quarterly features deep archives about especially important artists, offering the public access to documentation of dozens of projects by each artist spanning their entire career.
CADAN is pleased to announce our debut public event – a talk by Forrest Olivio, founder of the influential on-line resource Contemporary Art Daily. The event will take place in the historic auditorium designed by Arata Endo within Frank Lloyd Wright’s Jiyu Gakuen Myonichikan ground.

■Contemporary Art Daily
http://www.contemporaryartdaily.com/

■参加費 Fee
一般1000円、学生500円、ギャラリー会員と賛助会員は1名まで無料
¥1,000 / Student: ¥500 / Member & Supporter: Free
*当日、賛助会員(年会費10,000円)に入会された方も参加費無料になります。

■申込方法 Reservation
Peatixからお申し込みください。
http://cadanevent01.peatix.com

■主催 Organized
一般社団法人日本現代美術商協会
CADAN Contemporary Art Dealers Association Nippon
お問い合わせ:event★cadan.org(★を@に変えてください)

【公開イベントご案内】11月28日(土)勉強会「美術品と税制ー減価償却について」 講師:深野一朗氏(公認会計士・税理士)

当協会主催、第一回の勉強会を一般公開いたします。「美術品と税制 – 減価償却について」をテーマにアートコレクターで公認会計士・税理士の深野一朗さんを講師にお招きいたします。

今年、減価償却資産とみなされる美術品の価格がこれまでの1点20万円未満から100万円未満に引き上げられました。この改正に伴って、これまで償却できていなかった資産も減価償却資産へ変更でき、その判定のチャンスは今年12月末まで一度限りです(個人事業主及び12月決算の会社の場合)。

詳しくは、ぜひこの機会に勉強会にてお聞きいただければと思います。

続きを読む 【公開イベントご案内】11月28日(土)勉強会「美術品と税制ー減価償却について」 講師:深野一朗氏(公認会計士・税理士)